最近の博士学位取得者と研究課題

2015年
赤間勇介 大腸菌の複製開始複合体によるDnaBヘリカーゼの進行阻害と一本鎖DNA結合タンパク質SSBによる阻害解除
2014年
野口泰徳 大腸菌染色体の複製開始複合体におけるDnaAタンパク質の機能制御と多量体形成の分子機構
2013年
加生和寿
(日本学術振興会特別研究員)
(優れた研究業績による早期修了)
Novel mechanism of specific DnaA-binding sequences in the Escherichia coli chromosome for cell cycle-coordinated regulation of the replication initiation
2011年
Asmaa M. A. Bayoumi A LysR-transcriptional regulator interacts specifically with DARSs, the genomic sequences of E. coli that promote replication initiation
2010年
中村賢太
(日本学術振興会特別研究員)
Mechanism and regulation of the chromosomal replication-coupled DnaA-inactivation system mediated by the replicase clamp and the Hda protein
2008年
尾崎省吾
(日本学術振興会特別研究員)
A common mechanism for the ATP-DnaA-dependent formation of open complexes at the replication origin
松田雄作 大腸菌DNAポリメラーゼの新機能:新規クランプ結合因子RisAの役割
2006年
石田琢磨 大腸菌染色体の複製開始反応の活性化に関する新規因子の解析
---複製開始蛋白質DnaA結合因子DiaAの機能構造---
2005年
末次正幸
(日本学術振興会特別研究員)
Chromosomal Replication-Coupled Inactivation of the Replication Initiator in Escherichia coli: Protein Associations in DnaA-ATP Hydrolysis Mediated by the Replicase Clamp-Hda Complex (論文博士)
毛谷村賢司 DNAポリメラーゼによるDnaA機能制御の分子機構
---複製開始因子DnaAタンパク質のDNA結合ドメインの新たな役割---
2004年
川上広宣
(日本学術振興会特別研究員)
大腸菌DNAポリメラーゼによる複製開始フィードバック制御の分子機構
藤光和之 大腸菌染色体の複製開始を活性化する新規制御因子の探索
2001年(関水和久教授)
高田 誠
(日本学術振興会特別研究員)
大腸菌の複製開始蛋白質DnaAの機能制御に関する生化学的研究
1999年(関水和久教授)
窪田敏夫
(日本学術振興会特別研究員)
染色体DNA複製開始の負の制御
---大腸菌染色体の複製伸長装置による複製開始蛋白質DnaAの不活性化---
西田 智 DnaAタンパク質のATP加水分解活性の大腸菌細胞内でのDNA複製開始制御における機能
黒川健児 染色体DNA複製開始蛋白DnaAのヌクレオチド結合型の制御
秋光信佳
(日本学術振興会特別研究員)
大腸菌複製開始を促進する因子を検索するシステムの確立、及び新規の複製開始促進因子ActB蛋白質に関する遺伝学的・生化学的研究

戻る