最近の研究業績


2017年(10月現在)
総説
Katayama, T.
Initiation of DNA replication at the chromosomal origin of E. coli, oriC
A chapter in the book entitled 'DNA replication' (Hisao Masai and Marco Foiani, Eds), SpringerNature (in press)
原著論文
Kasho, K., Tanaka, H., Sakai, R., and Katayama, T. (2017)
Cooperative DnaA binding to the negatively supercoiled datA locus stimulates DnaA-ATP hydrolysis
J. Biol. Chem. 292(4);1251-1266. doi: 10.1074/jbc.M116.762815

Sakiyama, Y., Kasho, K., Noguchi, Y., Kawakami, H., and Katayama, T. (2017)
Regulatory dynamics in the ternary DnaA complex for initiation of chromosomal replication in Escherichia coli
Nucleic Acids Res. (in press) オープンアクセス https://doi.org/10.1093/nar/gkx914

Zhang, J., Taniguchi, S., Ito, H., Iiyama, K., Hino, M., Katayama, T., and Kimura, M. (2017)
Expression of a Vibrio parahaemolyticus toxin in Escherichia coli results in chromosomal DNA degradation
Biosci. Biotechnol. Biochem. 81(10); 1937-1940 doi: 10.1080/09168451.2017.1347486.

Su'etsugu, M., Takada, H., Katayama, T., and Tsujimoto, H. (2017)
Exponential propagation of large circular DNA by reconstitution of a chromosome-replication cycle
Nucleic Acids Res. (in press) オープンアクセス https://doi.org/10.1093/nar/gkx822

主要学会発表
谷口紗輝、加生和寿、片山 勉
大腸菌ダイナミン様タンパク質 CrfC の核様体近傍への局在制御機構の解析
第14回21世紀大腸菌研究会(KKRホテル熱海 6月7日〜8日)

片山 勉
大腸菌をモデルとした染色体複製開始の分子機構と制御システムに関する研究
日本遺伝学会第89回大会(岡山大学 9月13-16日) 木原賞受賞講演

加生和寿、大島 拓、片山 勉
複製開始制御を担うDNA部位と核様体蛋白質IHFとの複合体の解離機構の解析
日本遺伝学会第89回大会(岡山大学 9月13-16日)

井上祐希江、加生和寿、片山 勉
大腸菌染色体における核様体形成因子による複製開始制御への役割の検討
日本遺伝学会第89回大会(岡山大学 9月13-16日)

酒井隆至、加生和寿、片山 勉
複製開始蛋白質DnaAを不活性化するDNA 因子datAの制御における転写の重要性
日本遺伝学会第89回大会(岡山大学 9月13-16日)

2016年
原著論文
Shimizu, M., Noguchi, Y., Sakiyama, Y., Kawakami, H., Katayama, T.*, and Takada, S.* (*Co-corresponding authors) (2016)
Near-atomic structural model for bacterial DNA replication initiation complex and its functional insights
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 113(50); E8021-E8030 doi:10.1073/pnas.1609649113

Noguchi, Y. and Katayama, T. (2016)
The Escherichia coli cryptic prophage protein YfdR binds to DnaA and initiation of chromosomal replication is inhibited by overexpression of the gene cluster yfdQ-yfdR-yfdS-yfdT
Front. Microbiol. 7; 239. (21 pages) doi: 10.3389/fmicb.2016.00239

Kawakami, H., Ohashi, E., Tsurimoto, T., and Katayama, T. (2016)
Rapid purification and characterization of mutant origin recognition complexes in Saccharomyces cerevisiae
Front. Microbiol. 7; 521. (9 pages ) doi: 10.3389/fmicb.2016.00521

Inoue, Y., Tanaka, H., Kasho, K. (equal contributors), Fujimitsu, K., Oshima, T., and Katayama, T. (2016)
Chromosomal location of the DnaA-reactivating sequence DARS2 is important to regulate timely initiation of DNA replication in Escherichia coli
Genes Cells 21(9); 1015-1023. doi: 10.1111/gtc.12395

Lai, P. J., Lim, C. T., Le, H. P., Katayama, T., Leach, D. R. F., Furukohri, A. and Maki, H. (2016)
Long inverted repeat transiently stalls DNA replication by forming hairpin structures on both leading and lagging strands
Genes Cells 21(2); 136-145. doi: 10.1111/gtc.12326

Abe, Y., Fujisaki, N., Miyoshi, T., Watanabe, N., Katayama, T., and Ueda, T. (2016)
Functional analysis of CedA based on its structure: residues important in binding of DNA and RNA polymerase and in the cell division regulation
J. Biochem. 159(2); 217-223. doi:10.1093/jb/mvv096

Gatanaga, C., Yang, B., Inadomi, Y., Usui, K., Ota, C., Katayama, T., Suemune, H., and Aso, M. (2016)
Site-specific turn-on fluorescent labeling of DNA-interacting protein using oligodeoxynucleotides that modify lysines to produce 5,6-dimethoxy 3-methyleneisoindolin-1-one.
ACS Chem. Biol. 11(8); 2216-2221.

主要学会発表
片山 勉, 加生和寿, 大島 拓
核様体因子IHFによる複製開始制御ゲノム因子の統合制御
第10回日本ゲノム微生物学会年会 (東京工業大学 大岡山キャンパス 3月4〜6日)

川上広宣, 大橋英治, 金本祥太, 釣本敏樹, 片山 勉
出芽酵母ORC複合体による染色体認識機構とその多様性
平成28年度日本生化学会九州支部例会(鹿児島大学郡元キャンパス 5月14〜15日)

加生和寿, 田中宏幸, 酒井隆二, 片山 勉
大腸菌染色体datA配列による複製開始蛋白質DnaA不活性化機構のDNA超らせんに応じた制御の解析
平成28年度日本生化学会九州支部例会(鹿児島大学郡元キャンパス 5月14〜15日)

谷口紗輝, 加生和寿, 片山 勉
細胞極近傍に局在するCrfCおよび核様体の細胞内局在性解析
第13回21世紀大腸菌研究会(グリーンピア南阿蘇 6月2〜3日)

片山 勉
複製開始蛋白質DnaAに対する制御系の自律的連動システムの創生と動態原理の解析
新学術領域研究「生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現」2016全体班会議(長浜市 6月11〜13日)

片山 勉 
大腸菌の染色体複製起点oriCにおけるDnaA複合体のダイナミクス
日本進化学会 第18回東京大会 ワークショップ「生物進化に伴うDNA複製装置のDynamics」(東京工業大学大岡山キャンパス 8月25〜28日)

崎山 友香里, 野口 泰徳, 川上 広宣, 片山 勉
大腸菌染色体の複製起点oriC上で形成されるDnaA多量体の機能動態の解明
日本遺伝学会第88回大会 プレナリーワークショップ --昨年のBP賞受賞講演から-- (日本大学国際関係学部 三島駅北口校舎 9月7〜10日

加生和寿, 大島 拓, 片山 勉
核様体蛋白質IHFと特異的なDNA部位との複合体形成・解離による複製開始タイミング制御
日本遺伝学会第88回大会 ワークショップ「バクテリアの全ゲノム解析から見えてきた新たな遺伝子と蛋白質の分子動態」(世話人 大島 拓、片山 勉)(日本大学国際関係学部 三島駅北口校舎 9月7〜10日)

野口泰徳, 片山 勉
大腸菌K12株ゲノムの潜在性プロファージのYfdR蛋白質は染色体複製開始蛋白質DnaAと相互作用する
日本遺伝学会第88回大会 ワークショップ「病原微生物ゲノムの複製と病原性」(世話人 神崎秀嗣)(日本大学国際関係学部 三島駅北口校舎 9月7〜10日)

片山 勉, 崎山友香里, 赤間勇介, 野口泰徳, 川上広宣, 加生和寿
大腸菌の複製開始複合体における2重鎖DNA開裂とヘリカーゼ相互作用の分子機構
第89回日本生化学会大会 シンポジウム「ゲノムの維持と継承を制御するタンパク質と核酸の相互作用」(オーガナイザー:正井 久雄、片山 勉) (東北大学川内北キャンパス 9月25〜27日)

川上広宣, 千々布壮陽, 金本祥太, 川畑健太, 大橋英治, 釣本敏樹, 片山 勉
真核生物の複製起点認識蛋白質ORCによる多角的なDNA探索認識機構
第89回日本生化学会大会 (東北大学川内北キャンパス 9月25〜27日)

Katayama, T., Sakiyama, Y., Noguchi, Y., and Kawakami, H.
Structure, Mechanism and Regulation of Escherichia coli Replication Initiation Complexes in DNA Unwinding
The 10th 3R Symposium (Matsue, Nov 13-17)

Kasho, K., Inoue, Y., Oshima, T., Fujimitsu, K., and Katayama, T.
Regulation of timely replication initiation by a nucleoid protein IHF on DnaA activating and inactivating DNA elements, DARS2 and datA in Escherichia coli
The 10th 3R Symposium (Matsue, Nov 13-17)

Kawakami, H., Chichibu, T., Ohashi, E., Kanamoto, S., Tsurimoto, T. and Katayama, T.
Multifaceted approach of Orc1 to DNA is the primary determinant of specific recognition of replication origins by ORC
The 10th 3R Symposium (Matsue, Nov 13-17)

Sakiyama, Y., Noguchi, Y., Kawakami, H., and Katayama, T.
Functional dynamics of replication initiation complex in Escherichia coli
The 10th 3R Symposium (Matsue, Nov 13-17)

Taniguchi, S., Kasho, K., and Katayama, T.
Analysis for the subcellular localization of E. coli dynamin-like protein CrfC, a novel factor in chromosome positioning
The 10th 3R Symposium (Matsue, Nov 13-17)

片山 勉, 加生和寿, 崎山友香里, 赤間勇介, 井上祐希江, 酒井隆至, 杉山 諒, 川上広宣
大腸菌のoriCにおける複製開始とその制御のため複製開始因子DnaAタンパク質が構築する高次複合体の分子機構
第39回日本分子生物学会年会 シンポジウム「染色体複製複合体の形成と構造変化の分子機構とその制御」(オーガナイザー:片山 勉, 釣本敏樹)第39回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜 11月30日〜12月2日)

清水将裕, 野口泰徳, 崎山友香里, 川上広宣, 片山 勉, 高田 彰二
細菌DNA複製開始複合体の近原子構造モデルと機能解析
第39回日本分子生物学会年会 シンポジウム「染色体複製複合体の形成と構造変化の分子機構とその制御」(オーガナイザー:片山 勉, 釣本敏樹)第39回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜 11月30日〜12月2日)

川上広宣, 千々布壮陽, 金本祥太, 大橋英治, 釣本敏樹, 片山 勉
複製起点認識蛋白質ORCの一本鎖DNA結合能と生物ドメインを超えた保存性
第39回日本分子生物学会年会 (パシフィコ横浜 11月30日〜12月2日)

2015年
原著論文
Noguchi, Y., Sakiyama, Y., Kawakami, H., and Katayama, T. (2015)
The Arg fingers of key DnaA protomers are oriented inward within the replication origin oriC and stimulate DnaA subcomplexes in the initiation complex
J. Biol. Chem. 290(33);20295-20312 doi: 10.1074/jbc.M115.662601

Kawakami, H., Ohashi, E., Kanamoto, S., Tsurimoto, T., and Katayama, T. (2015)
Specific binding of eukaryotic ORC to DNA replication origins depends on highly conserved basic residues
Sci. Rep. 5; 14929 (14 pages)

Le, H. P., Masuda, Y., Tsurimoto, T., Maki, S., Katayama, T., Furukohri, A., and Maki, H. (2015)
Short CCG repeat in huntingtin gene is an obstacle for replicative DNA polymerases, potentially hampering progression of replication fork
Genes Cells 20(10); 817-833 doi: 10.1111/gtc.12275

Aramaki, T., Abe, Y., Furutani, K., Katayama, T., and Ueda, T. (2015)
Basic and aromatic residues in the C-terminal domain of PriC are involved in ssDNA and SSB binding
J. Biochem. 157(6);529-537 doi: 10.1093/jb/mvv014

Yang, B., Jinnouchi, A., Usui, K., Katayama, T., Fujii, M., Suemune, H., and Aso, M. (2015)
Bioconjugation of oligodeoxynucleotides carrying 1.4-decarbonyl groups via reductive amination with lysine residues
Bioconjugate Chem. 26, 1830-1838

主要学会発表
谷口紗輝, 野口泰徳, 加生和寿, 片山 勉
大腸菌の新生DNA鎖の接着および均等分配を支えるダイナミン様蛋白質CrfCのC末端領域の機能解析,
2015年 生体運動合同班会議 (学習院大 1月7〜9日)

野口泰徳, 片山 勉
大腸菌のダイナミン様因子CrfCの染色体接着・分配における役割とGTP結合・水解活性の解析,
2015年 生体運動合同班会議 (学習院大 1月7〜9日)

片山 勉
大腸菌の複製開始複合体におけるDnaA多量体形成様式とDnaBヘリカーゼとの相互作用機構,
2014年度 国立遺伝学研究所研究会「単細胞の増殖メカニズムの先端的研究」(研究会代表:稲田利文, 仁木宏典) (遺伝研 3月23〜24日)

川上広宣
染色体DNA複製開始複合体の分子機構の解明
平成27年度 日本生化学会九州支部学術奨励賞受賞講演
平成27年度 日本生化学会九州支部例会(九州大学 5月16〜17日)

川上広宣, 大橋英治, 釣本敏樹, 片山 勉
出芽酵母ORCの特異な染色体認識様式,
平成27年度 日本生化学会九州支部例会(九州大学 5月16〜17日)

野口泰徳, 崎山友香里, 川上広宣, 片山 勉
大腸菌の染色体複製起点上のDnaA分子の配向性解析,
平成27年度 日本生化学会九州支部例会(九州大学 5月16〜17日)

崎山友香里, 野口泰徳, 川上広宣, 片山 勉,
DNA複製を開始するDnaA複合体の二重鎖開裂における機能構造動態, 優秀口頭発表賞受賞
第12回 21世紀大腸菌研究会(大津市 6月11〜12日)

川上広宣, 川西智人, 大橋英治, 金本祥太, 釣本敏樹, 片山 勉
出芽酵母染色体における複製起点の認識機構と制御ネットワーク解明の試み,
日本遺伝学会第87回大会 ワークショップ「多角的アプローチによるゲノム維持継承研究の最前線」(世話人:古郡麻子, 川上広宣)(東北大学 9月24〜26日)

崎山友香里, 野口泰徳, 川上広宣, 片山 勉
大腸菌oriCでの複製開始に必要なDNA開裂複合体の中枢構造の解明, Best Papers賞
日本遺伝学会第87回大会(東北大学 9月24〜26日)

加生和寿, 村谷周悟, 毛谷村賢司, 片山 勉
大腸菌の複製起点における複製開始複合体の形成と複製タイミング調節因子の集合の動的な制御
第23回DNA複製・組換え・修復ワークショップ(焼津市 10月19〜21日)

川上広宣, 大橋英治, 金本祥太, 釣本敏樹, 片山 勉
ORCによるDNA認識機構とその多様性
第23回DNA複製・組換え・修復ワークショップ(焼津市 10月19〜21日)

崎山友香里, 野口泰徳, 川上広宣, 片山 勉
大腸菌複製起点で形成されるDNA開裂複合体の中枢構造と形成制御の解明, 優秀発表賞・ポスター部門 受賞
第23回DNA複製・組換え・修復ワークショップ(焼津市 10月19〜21日)

片山 勉, 赤間勇介, 西村昌洋, 村谷周悟, 尾崎省吾, 加生和寿, 川上広宣
染色体複製起点への装着の前後にDnaBヘリカーゼが開始因子DnaAタンパク質と行う相互作用の分子機構
第23回DNA複製・組換え・修復ワークショップ(焼津市 10月19〜21日)

片山 勉, 加生和寿, 野口泰徳, 崎山友香里, 村谷周悟, 毛谷村賢司, 川上広宣
大腸菌の複製開始複合体とその制御複合体が描き出す多彩な構造動態
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会 ワークショップ「DNA複製開始を制御する高次複合体ダイナミクス:多様性と普遍性」(世話人:片山 勉、升方久夫)(神戸コンベンションセンター 12月1〜4日

加生和寿, 田中宏幸, 片山 勉
大腸菌染色体datA領域による複製開始蛋白質DnaAの不活性化機構はDNA超らせん構造依存的に制御される
第38回日本分子生物学会年会・第88回日本生化学会大会合同大会 (神戸コンベンションセンター 12月1〜4日

2014年
総説
片山 勉
複製後のDNAの接着と分配を制御する新規なタンパク質因子
ファルマシア, 51(2):99-103
原著論文
Kasho, K., Fujimitsu, K., Matoba, T., Oshima,T., and Katayama, T. (2014)
Timely binding of IHF and Fis to DARS2 regulates ATP-DnaA production and replication initiation
Nucleic Acids Res. 42(21):13134-13149 doi: 10.1093/nar/gku1051
内容紹介ページ

Ikeda, M., Furukohri, A., Philippin, G., Loechler, E., Tatsumi-Akiyama, M., Katayama, T., Fuchs, R.P., and Maki, H. (2014)
DNA polymerase IV mediates efficient and quick recovery of replication forks stalled at N2-dG adducts
Nucleic Acids Res. 42(13):8461-8472

Fujiyama, S., Abe, Y., Takenawa, T., Aramaki, T., Shioi, S., Katayama, T., and Ueda, T. (2014)
Involvement of histidine in complex formation of PriB and single-stranded DNA
Biochim. Biophys. Acta. 1844(2):299-307.

Fujiyama, S., Abe, Y., Tani, J., Urabe, M., Sato, K., Aramaki, T., Katayama, T., and Ueda, T. (2014)
Structure and mechanism of the primosome protein DnaT-functional structures for homotrimerization, dissociation of ssDNA from the PriB-ssDNA complex, and formation of the DnaT-ssDNA complex
FEBS J. 281(23):5356-5370.

主要学会発表
川上広宣, 土田愛海, 末次正幸, 片山 勉
大腸菌の増殖に必須な新奇非コード配列
文部科学省 科学研究費 新学術領域研究 「ゲノムを支える非コードDNA領域の機能」公開シンポジウム: インターメアによる染色体制御機構(東京大 2014年1月8〜9日)

片山 勉, 尾崎省吾, 川上広宣, 野口泰徳, 加生和寿, 永田小桃, 崎山友香里, 谷口紗輝
大腸菌染色体の接着・分配におけるダイナミン相同因子CrfCの機能の解析
2014年 生体運動合同班会議(千葉大 2014年1月10〜12日)

片山 勉, 尾崎省吾, 松田雄作, 毛谷村賢司, 川上広宣, 野口泰徳, 加生和寿, 増田圭美, 崎山友香里, 谷口紗輝
大腸菌染色体DNAの接着と分配に必要な新規DNA-蛋白質複合体
第 87 回日本細菌学会総会 シンポジウム「変貌しつつある細菌の細胞像」(東京江戸川区 2014年3月26~26日)

崎山友香里, 野口泰徳, 川上広宣, 片山 勉
複製起点で形成される二重鎖 DNA 開裂複合体の機能構造の解析
第 11 回 21 世紀大腸菌研究会 (盛岡市 2014年6月5~6日)

土田愛海, 川上広宣, 末次正幸, 片山 勉
大腸菌染色体の遺伝子間領域に存在する長鎖逆方向反復配列 ELIXIR の機能解析
第 11 回 21 世紀大腸菌研究会 (盛岡市 2014年6月5~6日)

片山 勉, 谷口紗輝, 野口泰徳, 崎山友香里, 永田小桃, 加生和寿, 川上広宣, 眞柳浩太
新たな染色体分配因子の運動と機能の分子機構解析:大腸菌染色体の新規分配因子CrfCの機能構造と相互作用因子の解析
2014年新学術領域「運動超分子が織りなす調和と多様性」第二回全体会議 (旭川市 2014年6月16~18日

川上広宣, 大橋英治, 川西智人, 釣本敏樹, 片山 勉
出芽酵母ORC複合体の染色体認識様式に関する機能構造解析(旧題:ORC制御の分子機構: Orc1-Orc6相 互作用の機能構造)
日本遺伝学会第86回大会 (長浜バイオ大学 2014年9月17日〜19日)

加生和寿, 藤光和之, 片山 勉
複製開始を促進するDNA因子DARS2を制御する新規因子の探索
日本遺伝学会第86回大会 (長浜バイオ大学 2014年9月17日〜19日)

野口泰徳, 崎山友香里, 片山 勉
異種融合型DnaAによる複製開始複合体中のDnaA分子の配向性解析
日本遺伝学会第86回大会 (長浜バイオ大学 2014年9月17日〜19日) ベストペーパー賞

加生和寿, 藤光和之, 片山 勉
大腸菌の複製開始を促進する DNA 因子 DARS2 の解析; 核様体蛋白質との結合を介した細胞周期と増殖相に応じた制御
第 26 回 微生物シンポジウム:微生物科学と医療のシンフォニー (東京(都市センターホテル)2014年9月19~20日)

清水将裕, 片山 勉, 高田彰二
大腸菌ゲノム複製開始におけるDNA二重らせん開裂機構の分子動力学シミュレーション研究
第52回日本生物物理学会 (札幌市 2014年9月25~27日)

片山 勉, 赤間勇介, 野口泰徳, 西村昌洋, 宮崎恵里加, 尾崎省吾
Analysis on regulation and mechanism in DnaB helicase interaction with the initiation complex of the Escherichia coli chromosome replication
第87回日本生化学会シンポジウム「New development in exploring structures and functions of DNA helicases sustaining genome integrity」(オーガナイザー;片山 勉、正井久雄)(京都国際会議場 2014年10月15~18日)

赤間勇介, 尾崎省吾, 川上 広宣, 片山 勉
DnaA-oriC複合体によるDnaBヘリカーゼの進行阻害と阻害解除因子の探索
第87回日本生化学会 (京都国際会議場 2014年10月15~18日)

Tsutomu Katayama, Ozaki Shogo, Kenji Keyamura, Yasunori Noguchi, Saki Taniguchi, Komomo Nagata, Yukari Sakiyama, Hironori Kawakami, and Kazutoshi Kasho
The E. coli dynamin-like protein CrfC binds the replicase clamp and sustains colocalization of sister replication forks
The 9th 3R Symposium(DNA複製・組換え・修復の国際学会)(御殿場市 2014年11月17~21日)

Kazutoshi Kasho, Fujimitsu Kazuyuki, and Tsutomu Katayama
Regulation for timely activation of the E. coli replication initiator DnaA by a specific DNA element DARS2
The 9th 3R Symposium(DNA複製・組換え・修復の国際学会)(御殿場市 2014年11月17~21日)

川上広宣, 川西智人, 大橋英治, 釣本敏樹, 片山 勉
出芽酵母ORC複合体の分子内外クロストークの同定
第37回日本分子生物学会年会 ワークショップ「ゲノムDNA複製制御のメカニズム:生物種を超えた統一像と多様性」 (パシフィコ横浜 2014年11月25〜27日)

片山 勉, 野口泰徳, 崎山友香里, 赤間勇介, 藤光和之, 加生和寿, 川上広宣
大腸菌染色体の複製開始複合体を形成するDnaA蛋白質の多量体構造と動態の解析
第37回日本分子生物学会年会 ワークショップ「生命活動を支える高次複合体の動態と機能」 (パシフィコ横浜 2014年11月25〜27日)

2013年
総説
Skarstad, K. and Katayama, T. (2013)
Regulating DNA Replication in Bacteria
In "DNA Replication", Edited by Bell, S.D., Me'chali, M, and DePamphilis, M.L., Cold Spring Harbor Laboratory Press
原著論文
Kasho K., and Katayama,T. (2013)
DnaA-binding locus datA promotes DnaA-ATP hydrolysis to enable cell cycle-coordinated replication initiation
Proc. Natl. Acad. Sci. USA 110, 936-941
doi: 10.1073/pnas.1212070110

Ozaki, S., Matsuda, Y. (equal contributors), Keyamura, K., Kawakami, H., Noguchi, Y., Kasho, K., Nagata, K., Masuda, T., Sakiyama, Y., and Katayama, T. (2013)
A replicase clamp-binding dynamin-like protein promotes colocalization of the nascent DNA strands and equipartitioning of chromosomes in E. coli
Cell Reports 4(5):985-995
(http://dx.doi.org/10.1016/j.celrep.2013.07.040)
内容紹介ページ

Su'etsugu, M., Harada, Y., Keyamura, K.(equal contributors), Matsunaga, C., Kasho. K., Abe,Y., Ueda, T., and Katayama,T. (2013)
The DnaA N-terminal domain interacts with Hda to facilitate replicase clamp-mediated inactivation of DnaA
Environ. Microbiol. 15(12):3183-3195
doi: 10.1111/1462-2920.12147

Fujiwara, K., Katayama,T., and Nomura, M. S. (2013)
Cooperative working of bacterial chromosome replication proteins generated by a reconstituted protein expression system
Nucleic Acids Res. 41(14):7176-7183.
doi: 10.1093/nar/gkt489.

Aramaki, T., Abe,Y. (equal contributors), Ohkuri, T., Mishima T., Yamashita, S., Katayama, T., and Ueda, T. (2013)
Domain separation and chracterization of PriC, a replication restart primosome factor in Escherichia coli
Genes Cells 18(9):723-732.
doi: 10.1111/gtc.12069.

Aramaki, T., Abe,Y. (equal contributors), Katayama, T., and Ueda, T. (2013)
Solution structure of the N-terminal domain of a replication restart primosome factor, PriC, in Escherichia coli
Protein Sci. 22(9):1279-1286
doi: 10.1002/pro.2314.

主要学会発表
川上 広宣、片山 勉、Bruce Stillman
精製組換え蛋白質を用いて再構成した出芽酵母複製前複合体(pre-RC)の染色体複製開始における機能
平成25年度 日本生化学会九州支部例会(佐賀大学、2013年5月18-19日)

片山 勉、加生和寿、尾崎省吾、野口泰徳、宮崎恵里加、赤間勇介、崎山友香里、川上広宣
大腸菌染色体の複製開始因子 DnaA の複合体形成機構と新たな制御機構
平成25年度 日本生化学会九州支部例会(佐賀大学、2013年5月18-19日)

片山 勉
新たな染色体分配因子の運動と機能の分子機構解析
新学術領域「運動超分子マシナリーが織りなす調和と多様性」第1回班会議(名古屋大学, 2013年6月28-30日)口頭発表

片山 勉、尾崎省吾、松田雄作、毛谷村賢司、川上広宣、野口泰徳、加生和寿、永田小桃、増田圭美、崎山友香里
大腸菌のダイナミンホモログCrfCによる複製フォーク結合とその意義
新学術領域「運動超分子マシナリーが織りなす調和と多様性」第1回班会議(名古屋大学, 2013年6月28-30日)ポスター発表

末次正幸、小林寛子、片山 勉
ゲノムスケールのDNA結合領域解析から探る大腸菌複製開始蛋白質DnaAの機能と制御
新学術領域「ゲノム支援」2013年度 拡大班会議、口頭およびポスター(神戸、2013年8月28-29日)

赤間勇介、尾崎省吾、川上広宣、片山 勉
大腸菌のDnaBヘリカーゼによるDnaA-DnaA box複合体解離における相互作用解析
第12回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム 2013(2013年9月14-15日 東京大学)

Katayama, T., Kasho, K., Noguchi, Y., Sakiyama, Y., Matoba, T., Tanaka, H., Taniguchi, M., Ozaki, O., Fujimitsu, K., and Kawakami, H.
DnaA assemblies on the replication origin oriC, DARS and the datA locus for the replication initiation and regulation of the initiation in E. coli
第86回日本生化学会大会 International Session: Assembly and architecture of protein complexes regulating inheritance and stable maintenance of genome (organizers: Hisao Masai, Tsutomu Katayama) (2013年9月11−13日 横浜)

赤間勇介, 尾崎 省吾, 川上 広宣, 片山 勉
大腸菌のDnaBヘリカーゼに依存したDnaA-DnaA box複合体解離機構の解析
第86回日本生化学会大会(2013年9月11−13日 横浜)

尾崎省吾、松田雄作、毛谷村賢司、川上広宣、野口泰徳、加生和寿、増田圭美、片山 勉
染色体DNAの複製システムと分配システムとを繋ぐ新たな分子機構
日本遺伝学会第85回大会ワークショップ「核酸の機能制御における細菌の分子生物学からの新たな挑戦」(世話人: 片山 勉、秋山昌広)(2013年9月19-21日 慶應大学日吉キャンパス)

田中宏幸、加生和寿、川上広宣、 片山 勉
大腸菌染色体の複製開始蛋白質DnaAを活性化する特異的DNA配列DARS1(DnaA-reactivating sequence 1)と核様体蛋白質との相互作用の検討
日本遺伝学会第85回大会(2013年9月19-21日 慶應大学日吉キャンパス)

野口泰徳、崎山友香里、片山 勉
異種DnaAのDNA結合ドメインをもつキメラDnaAによる開始複合体中のDnaA配向性の決定
第22回DNA複製・組換え・修復ワークショップ(2013年11月20−22日 仙台)

川上広宣、片山 勉
出芽酵母Orc1の構造変化特異的Orc6結合に必要な残基の同定
第22回DNA複製・組換え・修復ワークショップ(2013年11月20−22日 仙台)

尾崎省吾, 松田雄作, 毛谷村賢司, 川上広宣, 野口泰徳, 加生和寿, 増田圭美, 崎山友香里, 片山 勉
染色体DNAの複製と分配の連係制御:新規ダイナミン因子CrfCの複製クランプ結合の役割とナセントメアの提唱
第36回日本分子生物学会年会ワークショップ「動的な蛋白質複合体が織りなすゲノム動態の連係制御」(世話人:石合正道、片山 勉)(2013年12月3-6日、神戸)

川上広宣, 土田愛海, 末次正幸, 片山 勉
大腸菌染色体の非コードDNA領域に存在し、細胞増殖に必須な新奇機能性配列ELIXIR
第36回日本分子生物学会年会ワークショップ「ウェット個別研究とドライ研究の実践的超融合〜新しい分子生物学のあり方を模索する」(世話人:川上 広宣, 加藤 護)(12月3-6日、神戸)

加生和寿, 藤光和之, 片山 勉
複製開始を調節する機能性DNA因子datA及びDARS2(DnaA-reactivating sequence 2)の核様体蛋白質による細胞周期制御
第36回日本分子生物学会年会(2013年12月3-6日、神戸)

野口 泰徳, 片山 勉
キメラDnaAによる大腸菌複製開始複合体のDnaA配向性の解析
第36回日本分子生物学会年会(2013年12月3-6日、神戸)

田中 宏幸, 加生和寿, 川上広宣, 片山 勉
大腸菌染色体の複製開始蛋白質DnaAを不活性化する特異的DNA領域datAにおける超らせん構造の寄与の検討
第36回日本分子生物学会年会(2013年12月3-6日、神戸)

的場俊大, 加生和寿, 川上広宣, 片山 勉
大腸菌の染色体複製開始を促進するDNA因子DARS2における制御領域とDnaA複合体形成の解析
第36回日本分子生物学会年会(2013年12月3-6日、神戸)

崎山友香里, 川上広宣, 片山 勉
大腸菌の複製開始複合体に含まれるDnaA分子の二重鎖開裂における機能分担
第36回日本分子生物学会年会(2013年12月3-6日、神戸)

2012年
総説
Su'etsugu. M., and Katayama, T. (2012)
Chromosome replication in E. coli and B. subtilis.
In "Escherichia coli and Bacillus subtilis; The Frontiers of Molecular Microbiology Revisited", Edited by Yoshito Sadaie and Kouji Matsumoto, Research Signpost
http://www.trnres.com/ebookcontents.php?id=139
原著論文
Ozaki, S., and Katayama, T. (2012)
Highly organized DnaA-oriC complexes recruit the single-stranded DNA for replication initiation
Nucleic Acids Res. 40(4), 1648-1665 (doi: 10.1093/nar/gkr832)

Ozaki, S., Noguchi, Y., Hayashi, Y., Miyazaki, E., and Katayama, T. (2012)
Differentiation of the DnaA-oriC sub-complex for DNA unwinding in a replication initiation complex
J. Biol. Chem. 287(44), 37458-37471 (doi: 10.1074/jbc.M112.371052)

Ozaki, S., Noguchi, Y., Nishimura, M., and Katayama, T. (2012)
Stable nucleotide binding to DnaA requires a specific glutamic acid residue within the AAA+ box II motif
J. Struct. Biol. 179, 242-250 (doi: 10.1016/j.jsb2012.05.001)

主要学会発表
Ozaki,S., Noguchi, Y., Miyazaki, E., and Katayama, T.
Reconstitution and molecular anayomy of oriC initiation complexes in E. coli chromosomal replication: ssDNA rescruitmentand roles for IHF and dictinct DnaA oligomers formed on oriC.
EMBO Workshop: Reconstructing the essential bacterial cell cycle machinery (Segovia, Spain, September 16-19, 2012)

Katayama,T.
A novel model for overall structure of a replication initiation complex and duplex unwinding mechanism in E. coli
The 8th 3R Symposium together with National Institute of Genetics 2012 International Symposium: Molecular mechanism and pathology of the 3R (Awaji, Japan, November 25-28, 2012)

片山 勉、尾崎省吾、野口泰徳、宮崎恵里加
大腸菌複製開始複合体の構造構築様式の解析
日本遺伝学会第84回大会 ワークショップ「原核生物に習う遺伝情報安定性の維持機構の原理」(世話人:片山 勉、石野良純)(福岡、2012年9月24-26日)

末次正幸、片山 勉
大腸菌ミニ染色体複製の試験管内再構成における粗画分系と精製系の解析
日本遺伝学会第84回大会 ワークショップ「細胞創成に向けた遺伝子とゲノムデザインのシナリオ」(世話人:片岡正和、板谷光泰)(福岡、2012年9月24-26日)

片山 勉、尾崎省吾、野口泰徳、宮崎恵里加、川上広宣
大腸菌の開始複合体の解析から見えてきた基盤システム
第35回日本分子生物学会年会 ワークショップ「DNA複製機構とその制御---生物種を超えた統一的理解を目指して---」(オーガナイザー:荒木弘之、片山 勉)(福岡、2012年12月11-14日)

加生和寿、片山 勉
Finding and moleclular analysis of a novel inactivation mechanism forn the replication initiator DnaA by a specific chromosomal locus.
第35回日本分子生物学会年会 ワークショップ「Chromosome replication and its coordination with nucleo-cellular functions」(オーガナイザー:田中誠司、杉本のぞみ)(福岡、2012年12月11-14日)

片山 勉、加生和寿、藤光和之、尾崎省吾、野口泰徳、宮崎恵里加、増田圭美、末次正幸、川上広宣
DnaA制御サイクルの再構築による解明:新たなDnaA-ATP加水分解経路と核様体構築因子の役割
第85回日本生化学会大会 シンポジウム「細胞周期進行とゲノムの安定な維持を支える染色体イベントの酵素学的合成生物学的再構築による解明」(オーガナイザー:正井久雄、片山 勉)(福岡、2012年12月14-16日)

(参考)
川上広宣、Bruce Stillman (CSHL)
出芽酵母pre-RC形成の精製組換え蛋白質を用いた試験管内再構成とpre-IC構成因子のリクルートメント
日本遺伝学会第84回大会 ワークショップ「原核生物に習う遺伝情報安定性の維持機構の原理」(世話人:片山 勉、石野良純)(福岡、2012年9月24-26日)

2011年
総説
片山 勉(2011)
高次制御機構を備えた新たなゲノム複製系の再構成に向かって
実験医学「細胞を創る・生命システムを創る」 羊土社
29巻7号(増刊)、83-89頁
原著論文
Keyamura, K., and Katayama, T. (2011)
The DnaA DNA-binding domain binds to Hda to promote the inter-AAA+ domain interaction involved in the regulatory inactivation of DnaA
J. Biol. Chem. 286(33), 29336-29436

Charbon, G., Riber, L., Cohen, M., Skovgaard, O., Fujimitsu, K., Katayama, T., Lソbner-Olesen, A. (2011)
Suppressors of DnaA-ATP imposed overinitiation in Escherichia coli
Mol. Microbiol. 79(4), 914-928

主要学会発表
Ozaki, S. and Katayama, T.
Architecture and mechanism for DNA unwinding of the ATP-DnaA initiation complex of the E. coli chromosomal replication
9th International Conference on AAA Proteins (Kumamoto, November 6-10, 2011) (招待口演)

Keyamura, K. and Katayama, T.
The Interaction Mode between DnaA and Hda AAA+ Proteins in Regulatory Inactivation of DnaA, 9th International Conference on AAA Proteins (Kumamoto, November 6-10, 2011) (ポスター発表)

Kasho, K., Fujimitsu, K. and Katayama, T.
Search and analysis for novel stimulators of DARS2, DnaA-reactivating sequence 2
9th International Conference on AAA Proteins (Kumamoto , November 6-10, 2011)(ポスター発表)

Noguchi, Y., Ozaki, S. and Katayama, T.
Role for a residue within AAA+ domain of DnaA protein in stable maintenance of bound nucleotide
9th International Conference on AAA Proteins (Kumamoto , November 6-10, 2011)(ポスター発表)

片山 勉
大腸菌の複製クランプに結合する新規因子による染色体分配制御の機構解析
平成22年度国立遺伝学研究所研究会、2011年3月30-31日

片山 勉
大腸菌染色体の複製開始を制御する新たなゲノム配列DARSの機能
日本ゲノム微生物学会ワークショップ、仙台(東北大学)、2011年8月20日- 8月21日(招待口演)

尾崎省吾、片山 勉
大腸菌染色体の複製開始複合体のアーキテクチュアとメカニズム
日本遺伝学会第83回大会ワークショップ「ゲノム恒常性と可塑性を保障する高次複合体の制御機構」(世話人:片山 勉)、京都、2011年9月20-22日

加生和寿、藤光和之、尾崎省吾、毛谷村賢司、片山 勉
核様体凝集蛋白質による複製開始促進因子DARS2 (DnaA-reactivating sequence 2) の増殖相、及び細胞周期に応じた制御機構
日本遺伝学会第83回大会、京都大学、2011年9月20-23日 Best Papers賞

野口泰徳、藤光和之、毛谷村賢司、片山 勉
多コピー化により非同調的な染色体複製開始を引き起こす大腸菌遺伝子の解析
日本遺伝学会第83回大会、京都大学、2011年9月20-23日

加生和寿、藤光和之、片山 勉
核様体凝集蛋白質、及びDNA 超らせん構造に依存した複製開始促進因子DARS2(DnaA-reactivating sequence 2)の制御機構
第21回DNA複製・組換え・ゲノム安定性制御ワークショップ (福岡県福津市、2011年10月25〜27日、世話人:釣本敏樹・片山 勉・藤田雅俊)

野口泰徳、藤光和之、毛谷村賢司、片山 勉
多コピー化により大腸菌の染色体複製開始の同調性に影響を与える遺伝子の特性
第21回DNA複製・組換え・ゲノム安定性制御ワークショップ (福岡県福津市、2011年10月25〜27日、世話人:釣本敏樹・片山 勉・藤田雅俊)

Ozaki, S. and Katayama, T.
Dynamics in DNA unwinding of the DnaA-/oriC/complex
第34回日本分子生物学会年会シンポジウム"Frontier of reconstitution biology toward understanding of principals in dynamics of high-order complexes "(Organizers: Tsutomu Katayama (Kyushu Univ.), Hiroshi Iwasaki (Tokyo Inst. Of Tech.))
横浜国際会議場、2011年12月13-16日

2010年
総説
Katayama, T., Ozaki, S., Keyamura, K. and Fujimitsu, K. (2010)
Regulation of the replication cycle: Conserved and diverse regulatory systems for DnaA and oriC
Nature Rev. Microbiol. 8(3):163-170

Kawakami, H. and Katayama, T. (2010)
DnaA, ORC, and Cdc6: Similarity beyond the domains of life and diversity
Biochem. Cell Biol. 88(22): 49-62

原著論文
Nakamura, K. and Katayama, T. (2010)
Novel essential residues of Hda for interaction with DnaA in the regulatory inactivation of DnaA: Unique roles for Hda AAA+ Box VI and VII motifs
Mol. Microbiol. 76(2): 302-317
主要学会発表
Fujimitsu, K., Kasho, K., Ozaki, S., Senriuchi, T. and Katayama, T.
DARS, DnaA-reactivating sequence promotes exchange of DnaA-bound ADP to ATP
EMBO Conference Series; Replication /Repair & Segregation of Chromosomes, Freiburg-Munzingen, Germany, June 13-17, 2010 (Oral presentation)

Ozaki, S. and Katayama, T. (2010)
Mechanism for ATP-DnaA-dependent unwinding of duplex DNA within the chromosomal replication origin
EMBO Conference Series; Replication /Repair & Segregation of Chromosomes , Freiburg-Munzingen, Germany, June 13-17, 2010 (Poster presentation)

毛谷村賢司
大腸菌のイニシエーターDnaAを介した複製開始制御機構の解析
2009年度 国立遺伝学研究所共同研究会「ゲノム情報を活用した単細胞細胞 増殖システムの研究」、三島、2010年3月30日- 31日

片山 勉
染色体複製開始タンパク質の機能制御因子とその作動メカニズムの解析:まとめと展望
「染色体サイクル」特定領域会議最終回、霧島、2010年3月1-3日

尾崎省吾、片山 勉
大腸菌染色体複製開始を制御するDnaA-oriC複合体の機能構造
第7回21世紀大腸菌研究会 、阿蘇、2010年6月3-4日

東 雅裕、毛谷村賢司、片山 勉
DiaAによるDnaB装着制御機構の解明
第7回21世紀大腸菌研究会 、阿蘇、2010年6月3-4日

毛谷村賢司、東 雅裕、篠崎沙織、波田野俊之、仁木宏典、片山 勉
大腸菌のDNA複製開始を適時的に制御する分子動態システム
日本遺伝学会第82回大会プレナリーワークショップ、札幌、2010年9月20-23日

加生和寿、藤光和之、尾崎省吾、毛谷村賢司、片山 勉
ヒストン様蛋白質による複製開始促進因子DARS2 (DnaA-reactivating sequence 2)の制御様式の解明
日本遺伝学会第82回大会、札幌、2010年9月20-23日

片山 勉
大腸菌DnaAによる染色体複製開始機構とその制御機構
特定領域研究「染色体サイクル」終了公開シンポジウム、東京大学、2010年10月1日

尾崎省吾、片山 勉
大腸菌染色体複製を開始する超高次DnaA-oriC複合体の機能的制御機構
第33回日本分子生物学会年会/第83回日本生化学会合同大会ワークショップ「染色体複製とその制御における超高次複合体のダイナミクス」(オーガナイザー:片山 勉、釣本敏樹)、神戸ポートアイランド、2010年12月7-10日

片山 勉、藤光和之、尾崎省吾、加生和寿
高次複合体形成による大腸菌染色体の複製開始因子DnaAの機能制御
第33回日本分子生物学会年会/第83回日本生化学会合同大会ワークショップ「DNA・RNA・タンパク質のインタープレイが織りなす遺伝情報発現」(オーガナイザー:胡桃坂仁志、平岡 泰)、神戸ポートアイランド、2010年12月7-10日

2009年
総説
Ozaki, S., and Katayama, T. (2009)
DnaA structure, function, and dynamics in the initiation at the chromosomal origin
Plasmid 62: 71- 82

片山 勉(2009)
大腸菌の染色体複製開始制御機構
蛋白質核酸酵素3月号増刊「染色体サイクル:ゲノムの恒常性維持、継承とダイナミクス」 共立出版
54巻4号、343-349頁

原著論文
Fujimitsu, K., Senriuchi, T., and Katayama, T. (2009)
Specific genomic sequences of E. coli promote replicational initiation by directly reactivating ADP-DnaA
Genes Dev. 23(10): 1221-1233

Keyamura, K., Abe, Y., Higashi, M., Ueda, T., and Katayama, T. (2009)
DiaA dynamics are coupled with changes in initial origin complexes leading to helicase loading
J. Biol. Chem. 284(37): 25038-25050

Riber, L., Fujimitsu, K., Katayama, T., and Lソbner-Olesen, A. (2009)
Loss of Hda activity stimulates replication initiation from I-box, but not R4 mutant origins in Escherichia coli
Mol. Microbiol. 71(1):107-22

主要学会発表
Fujimitsu, K., Senriuchi, T., and Katayama, T. (2009)
The replication initiator DnaA is reactivated in a specific nucleoprotein complex
8th International Conference on AAA Proteins, Tronto, Canada, July 12-16 (招待口演)

Nakamura, K. and Katayama, T (2009)
AAA+ domain-specific interaction of Hda with DnaA in the replicase clamp-mediated DnaA-ATP hydrolysis
8th International Conference on AAA Proteins, Tronto, Canada, July 12-16 院生ポスドク優秀ポスター賞

Katayama, T. (2009)
Functional mechanism and regulation for the E. coli chromosomal replication initiator DnaA
12th Asia-Pacific International Molecular Biology Network Conference, Penang, Malaysia, October 27-28 Arthur Kornberg Memorial Lecture Award

毛谷村賢司、片山 勉
複製開始反応を適時的に制御するDiaA-DnaA相互作用機構の解析
国立遺伝学研究所研究会「単細胞における複合システム系の連帯と統合」、三島、2009年3月23-24日

加生和寿、藤光和之、片山 勉
DnaA再活性化因子DARS2に対するマルチコピーサプレッサーの分離
第6回 21世紀大腸菌研究会、熱海市、6月11〜12日

永田小桃、尾崎省吾、松田雄作、末次正幸、片山 勉
DNA分配に関与する新規因子RisAに相互作用する因子の探索
第6回 21世紀大腸菌研究会、熱海市、6月11〜12日

片山 勉
DARS:大腸菌DnaAを活性化する新規染色体DNA因子
科研費特定領域「染色体サイクル」第5回領域会議、伊豆市・ラフォーレ修善寺研修センター、2009年6月15-17日

片山 勉
大腸菌の複製開始因子DnaAの構造、機能、および制御
日本遺伝学会第81回大会シンポジウム「日本のDNA複製研究の過去、現在、未来」、信州大学、2009年9月16-18日

毛谷村賢司、東 雅裕、片山 勉
大腸菌の複製開始複合体形成におけるDiaA-DnaA相互作用メカニズムの解析
日本遺伝学会第81回大会、信州大学、2009年9月16-18日 Best Paper賞

尾崎省吾、片山 勉
DnaAによる2本鎖開裂を制御するための複製開始点の新規機能構造特性
第20回DNA複製・組換え・修復ワークショップ、彦根市琵琶湖コンファレンスセンター, 2009年11月1-3日

中村賢太、末次正幸、片山 勉
DnaAと複製クランプに依存したDnaA不活性化因子Hdaの活性制御
第20回DNA複製・組換え・修復ワークショップ、彦根市琵琶湖コンファレンスセンター、2009年11月1-3日

藤光 和之、片山 勉
大腸菌染色体複製イニシエーターDnaAは特異的なDNA配列上で高次複合体を形成し活性化される
第82回日本生化学会大会シンポジウム「高次タンパク質複合体構造の変遷によるDNA複製の進行制御」、神戸、2009年10月21-24日

尾崎省吾、片山 勉
複製開始点の2本鎖開裂を制御するDnaA複合体の最小機能構造
第82回日本生化学会大会「ゲノムと遺伝情報」口頭発表、神戸、10月21-24日, 2009年

中村賢太、末次正幸、片山 勉
ATP結合型DnaAと複製クランプによるDnaA不活性化因子Hdaの活性制御
第82回日本生化学会大会「ゲノムと遺伝情報」口頭発表、神戸、10月21-24日, 2009年

Kazuyuki Fujimitsu, Kazutoshi Kasho, Takayuki Senriuchi, Hiroki Ohyama,
and Tsutomu Katayama
DARS: the chromosomal locus for reactivation of the replication initiator DnaA in E. coli
International Symposium on Chromosomal Cycle and Genome Dynamics, Nasu, Tochigi, Japan, November 10-12, 2009

Tsutomu Katayama, Kenji Keyamura, Kazuyuki Fujimitsu, Shogo Ozaki, Saori Shinozuka, Toshiyuki Hatano and Hironori Niki
Novel fundamental mechanism regulating the replicational initiation in E. coli
第32回日本分子生物学会ワークショップ「Frontier of Bacterial Cell Duplication(原核生物で見いだされた細胞複製の基本分子機構)」、横浜、2009年12月9-12日

片山 勉、藤光和之、毛谷村賢司、尾崎省吾、加生和寿、東 雅裕
大腸菌染色体の複製開始を制御する新たな基本分子機構
第1回P&P合同公開シンポジウム「生命活動を制御する高次複合体の構造と機能」
主催:九州大学P&P「九州圏構造生物学研究拠点形成を目指した九州大学における研究・教育コンソーシアム形成」(構造生物学拠点形成)および「超高次複合体解析に基づくゲノム動態研究プロジェクト」(超高次複合体解析)
福岡市、九州大学医学部百年講堂、2009年12月22-23日

2008年
総説
Katayama. T. (2008)
Roles for the AAA+ motifs of DnaA in the initiation of DNA replication
Biochem. Soc. Trans. 36(1), 78-82

片山 勉(2008)
イニシエーターDnaAタンパク質による大腸菌染色体複製開始機構
細胞工学(10月号)秀潤社, 27巻10号, 974-979頁

原著論文
Ozaki, S., Kawakami,H., Nakamura, K., Fujikawa, N., Kagawa, W., Park, S.-Y., Yokoyama, S., Kurumizaka, H., and Katayama, T. (2008)
A common mechanism for the ATP-DnaA-dependent formation of open complexes at the replication origin
J. Biol. Chem. 283(13), 8351-8362

Fujimitsu, K., Su'etsugu, M., Yamaguchi, Y. (equal contributors), Mazda, K., Fu, N., Kawakami, H., and Katayama, T. (2008)
Modes of over-initiation, dnaA gene expression and the inhibition of cell division in a novel cold-sensitive hda mutant in Escherichia coli
J. Bacteriol. 190 (15), 5368-5381

Su'etsugu, M., Nakamura, K., Keyamura, K., Kudo, Y., and Katayama, T. (2008)
Hda monomerization by ADP binding promotes replicase clamp-mediated DnaA-ATP hydrolysis
J. Biol. Chem. 283 (54), 36118-36131

主要学会発表
Keyamura, K.*, Fujikawa, N., Ishida, T., Ozaki, S., Su'etsugu, M., Fujimitsu, K., Kagawa, W., Yokoyama, S., Kurumizaka, H., and Katayama, T.
A novel initiation-stimulator DiaA directly promotes ATP-DnaA-specific initiation complexes in E. coli
Keysone Symposia in Molecular and Cellular Biology: DNA Replication and Recombination, Santa Fe, NM, USA, Feb 10-15, 2008 (口頭発表) *Keystone Schoolarship Winner

Katayama, T., Ozaki, S., Keyamura, K., Kawakami, H., Fujikawa, N., Kagawa, W., Nakamura, K., Fujimitsu, K., Su'etsugu, M., Yokoyama, S., and Kurumizaka, H.
Analysis on Mechanisms of ATP-DnaA Assembly on oriC and Duplex Unwinding
EMBO Workshop on Replication & Segregation of Chromosomes, Geilo, Norway, June 16-20, 2008 (招待口演)

片山 勉,毛谷村賢司,尾崎省吾,藤川乃り映,香川 亘,川上広宣,中村賢太,石田琢磨,末次正幸,藤光和之,横山茂之,胡桃坂仁志
新規因子DiaA 蛋白質を含む,複製開始複合体の構造とメカニズム
第8回蛋白質科学会年会 ワークショップ「構造から理解するDNA結合タンパク質の機能」, 東京都江戸川区, 6月10-12日, 2008年(招待口演)

尾崎省吾, 片山 勉
DnaAによる2重鎖開裂における複製起点の最小機能構造
第80回日本遺伝学会大会 ワークショップ「染色体機能とDNAトランスアクション」, 名古屋大学, 9月3〜5日, 2008年
Best Paper賞 リンク:学会誌関連記事

Katayama, T.
Mechanisms of ATP-DnaA Assembly and Duplex DNA Unwinding for the Initiation of DNA Replication in Reconstituted Systems
The 17th RIKEN CDB Meeting "Towards Synthesis of Cells", Kobe, Japan, October 14-15, 2008(招待口演)

Katayama, T.
Mechanism and Regulation for ATP-DnaA Assembly and Duplex DNA Unwinding on the E. coli Chromosomal Origin oriC
6th 3R (Replication, Recombination, Repair) Symposium, Kakegawa, Japan, October 27-30, 2008 (招待口演)

Su'etsugu, M., Nakamura, K., Keyamura, K., and Katayama, T.
Functional regulation of Hda, a replicase clamp-binding protein that promotes the regulatory inactivation of DnaA in E. coli
第31回日本分子生物学会年会/第81回日本生化学会大会合同大会シンポジウム「染色体サイクルの制御機構」(オーガナイザー:正井久雄、太田邦史), 神戸、12月9〜12日、2008年

2007年
総説
片山 勉(2007)
複製再開始抑制の分子機構
実験医学、25巻5号(増刊「染色体サイクル」)、49-55頁、羊土社
原著論文
Keyamura, K., Fujikawa, N, (equal contributors), Ishida, T., Ozaki, S., Su'etsugu, M., Fujimitsu, K., Kagawa, W., Yokoyama, S., Kurumizaka, H.* and Katayama, T.* (*Co-corresponding authos) (2007)
The interaction of DiaA and DnaA regulates the replication cycle in E. coli by directly promoting ATP-DnaA-specific initiation complexes
Genes Dev. 21, 2083-2099

Abe, Y., Jo, T., Matsuda, Y., Matsunaga, C., Katayama, T.*, and Ueda, T.* (*Co-corresponding authors) (2007)
Structure and function of DnaA N-terminal domains: Specific sites and mechanisms in inter-DnaA interaction and in DnaB helicase loading on oriC
J. Biol. Chem. 282(24),17816-17827 JBC Paper of the Week

Abe, Y., Watanabe, N., Yoshida, Y., Ebata, F., Katayama, T., and Ueda, T. (2007)
Assignment of 1H, 13C and 15N resonances of N-terminal domains of DnaA protein
Biomol. NMR Assign. 1, 57-59

主要学会発表
Katayama, T., Ozaki, S., Kawakami, H., Nakamura, N., Keyamura, K., Fujikawa, N., Kagawa, W., Yokoyama, S. and Kurumizaka, H.
Biochemical analysis of DnaA AAA+ domain on the ATP-dependent regulation for the initiation of chromosomal replication.
7th International Meeting on AAA Proteins, Royal Agricultural College, Cirencester, UK, Sept 9-13, 2007 (招待講演)

Ozaki, S., Kawakami, H., Nakamura, N., Fujikawa, N., Kagawa, W., Yokoyama, S., Kurumizaka, H.and Katayama, T.
Role for specific residues of DnaA AAA+ domain in duplex DNA unwinding during the initiation of chromosomal replication.
7th International Meeting on AAA Proteins, Royal Agricultural College, Cirencester, UK, Sept 9-13, 2007

松田雄作、片山 勉
新規クランプ結合因子RisAの機能解析
第4回 21世紀大腸菌研究会, 藤枝市, 7月17〜17日

藤光和之、千里内啓行、片山 勉
複製開始蛋白質DnaAを再活性化する2種類の機能性DNA部位は異なる制御様式をもつ
第4回 21世紀大腸菌研究会, 藤枝市, 7月17〜17日

末次正幸、藤光和之、片山 勉
細胞周期進行と共役した大腸菌複製開始蛋白質DnaAの活性制御機構
特定領域『バイオ操作』若手研究者第2回ワークショップ、東京都小金井市、7月20日

毛谷村賢司、石田琢磨、尾崎省吾、末次正幸、藤光和之、片山 勉
大腸菌の染色体複製開始反応の適時的活性化を制御する分子機構
第19回微生物シンポジウム「微生物科学の発展と感染症対策」, 東京大学, 9月7日〜8日

片山 勉、毛谷村賢司、藤川乃り映、石田琢磨、尾崎省吾、末次正幸、藤光和之、香川 亘、横山茂之、胡桃坂仁志
DnaA結合因子DiaA蛋白質による複製開始の制御機構
日本遺伝学会第79回大会, ミニシンポジウム「染色体の複製機構とゲノム安定性」, 岡山大学,9月19〜21日

尾崎省吾、川上広宣、中村賢太、藤川乃り映、香川 亘、横山茂之、胡桃坂仁志、片山 勉
染色体複製開始点の2重鎖DNA開裂を制御するDnaA 新奇機能構造の解析
日本遺伝学会第79回大会, 岡山大学, 9月19〜21日, Best Paper賞

片山 勉、尾崎省吾、川上広宣、中村賢太、藤川乃り映、香川 亘、横山茂之、胡桃坂仁志
DnaAによる複製開始複合体の形成と2重鎖開裂機構モデル
第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会合同大会 ワークショップ「複製開始複合体形成のダイナミクスと分子制御」(オーガナイザー:片山 勉、西谷秀男), 横浜, 12月11〜15日

2006年
著書
毛谷村賢司、尾崎省吾、片山 勉 (2006)
大腸菌DnaA蛋白質の精製法
「タンパク質実験マニュアル」(胡桃坂仁志編)、7-14頁、朝倉書店
原著論文
Kawakami, H., Ozaki, S. (equal contributors), Suzuki, S., Nakamura, K., Senriuchi, T., Su'etsugu, M., Fujimitsu, K., and Katayama, T. (2006)
The exceptionally tight affinity of DnaA for ATP/ADP requires a unique aspartic acid residue in the AAA+ sensor 1 motif
Mol. Microbiol. 62(5), 1310-1324

Ozaki, S., Fujimitsu, K., Kurumizaka, H., and Katayama, T. (2006)
The DnaA homolog of the hyperthermophilic eubacterium Thermotoga maritima forms an open complex with a minimal 149-bp origin region in an ATP-dependent manner
Genes Cells 11, 425-438

Kawakami, H., Su'etsugu, M. and Katayama, T. (2006)
An isolated Hda-clamp complex is functional in the regulatory inactivation of DnaA and DNA replication
J. Struct. Biol. 156, 220-229

Ote, T., Hashimoto, M., Ikeuchi, Y., Su'etsugu, M., Suzuki, T., Katayama, T., and Kato, J. (2006)
Involvement of the Escherichia coli folate-binding protein YgfZ in RNA modification and regulation of chromosomal replication initiation
Mol. Microbiol. 59(1), 265-274

主要学会発表
Katayama, T., Ozaki, S., Kawakami, H., and Kurumizaka, H.
Mechanism in the ATP-specific Conformational Activation of the Initiation Complex by DnaA initiator
The First International Symposium on the MEXT Priority Research Project:The Chromosome Cycle (A Satellite Meeting of 20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology & 11th FAOBMB Congress), June 26-27, 2006, Sanjo Conference Hall (Tokyo University Hongo Campus) (口頭発表)

Katayama, T., Matsuda, Y., Kawakami, H., and Su'etsugu, M.
Analysis on molecular mechanism of the clamp/Hda-dependent DnaA-ATP hydrolysis and on a novel role for the clamp
EMBO Workshop: Cell Cycle and Cytoskeletal Elements in Bacteria, Copenhagen, Denmark, Aug 23-27, 2006

Su'etsugu, M., Keyamura, K., Kudo, Y., Nakamura, K., and Katayama, T.
The nucleotide-dependent activation of Hda in the replicase clamp-mediated DnaA-ATP hydrolysis in Escherichia coli
EMBO Workshop: Cell Cycle and Cytoskeletal Elements in Bacteria, Copenhagen, Denmark, Aug 23-27, 2006

毛谷村賢司、末次正幸、石田琢磨、植田 正、片山 勉
大腸菌の染色体複製開始因子DnaAを不活性化する分子機構:DnaAのDNA結合ドメインの変異体解析
第3回21世紀大腸菌研究会:モデル生物大腸菌の統合的理解をめざして、滋賀、10月3〜4日(口頭発表、p21)

藤光和之、千里内啓行、片山 勉
特異的なDNA配列による大腸菌染色体複製イニシエーターDnaAの再活性化
第18回DNA複製ワークショップ、熱海、10月30日〜11月1日(口頭発表、p3)

松田雄作、片山 勉
大腸菌スライディングクランプ新規相互作用因子の同定とその機能解析
第18回DNA複製ワークショップ、熱海、10月30日〜11月1日(口頭発表、p32)

尾崎省吾、川上広宣、中村賢太、胡桃坂仁志、片山 勉
DnaA蛋白質の特異的AAA+領域を介した複製開始点開裂のメカニズム
日本分子生物学会2006フォーラム、シンポジウム「染色体複製開始サイクルの分子機構と制御スイッチ」(世話人:片山 勉、西谷秀男)、名古屋、12月6〜8日(口頭発表、p207)

2005年
原著論文
Kawakami, H., Keyamura, K., and Katayama, T. (2005)
Formation of an ATP-DnaA-specific initiation complex requires DnaA arginine-285, a conserved motif in the AAA+ protein family
J. Biol. Chem. 280(29), 27420-27430

Su'etsugu, M., Shimuta, T., Ishida, T., Kawakami, H. and Katayama, T. (2005)
Protein associations in DnaA-ATP hydrolysis mediated by the Hda-replicase clamp complex
J. Biol. Chem. 280(8), 6528-6536

Hishimoto, M., Ichimura, Y., Mizoguchi, H., Tanaka, K., Fujimitsu, K., Keyamura, K., Ote, T., Yamakawa, T., Yamazaki, Y., Mori, H., Katayama, T., and Kato, J. (2005)
Cell size and nucleoid organization of engineered Escherichia coli cells with a reduced genome
Mol. Microbiol. 55(1), 137-149

Shioi, S., Ose, T., Maenaka, K., Shiroishi, M., Abe, Y., Kohda, D., Katayama, T., and Ueda, T. (2005)
Crystal structure of a biologically functional form of PriB from Escherichia coli reveals a potential single-stranded DNA-binding site
Biochem. Biophys. Res. Commun. 326(4), 766-776

主要学会発表
Katayama, T., Su'etsugu, M., Kawakami, H., Keyamura, K., Shimuta, T., Ishida, T., Kudo, Y., and Matsunaga, C.
Molecular mechanisms of the regulatory inactivation of DnaA: Functional and dynamic associations of DnaA, Hda, and the DNA polymerase III sliding clamp
ICGEB (International Center of Genetic Engineering and Biotechnology) Workshop on "Chromosome Duplication and Segregation", May 2-5, 2005, Trieste, Italy (口頭発表)

片山 勉
ATP型DnaAタンパク質による複製開始とその制御の分子機構
大阪大学蛋白質研究所セミナー「染色体サイクルの制御ネットワーク」、大阪、2005年4月18-19日(招待講演)

Katayama, T., Kawakami, H., Su'etsugu, M., Ozaki, S., Kudo, Y., Keyamura, K., Shimuta, T., and Ishida, T.
Mechanisms in Regulation for Initiation of the E. coli Chromosomal Replication: Unique roles for the AAA+ Motifs of DnaA and Hda
6th International Conference on AAA Proteins, September 14-18, 2005, Schloss Seggau, Austria

片山 勉、川上広宣、尾崎省吾、藤光和之、毛谷村賢治
染色体複製開始におけるATP依存的高次複合体形成の分子機構、日本遺伝学会第77回大会
ミニシンポジウム「大腸菌の染色体ダイナミクス」(世話人:堀内 嵩、片山 勉)、東京、2005年9月27日〜29日

Katayama, T., Kawakami, H., Ozaki, S., and Kurumizaka, H.
Analysis on Structure and Regulation of a Bacterial Initiation Complex
第28回日本分子生物学会年会、シンポジウム「複製装置の集合と維持」、福岡、2005年12月7日〜10日

末次正幸、工藤由佳、毛谷村賢司、松永千佳、紫牟田透、石田琢磨、川上広宣、片山 勉
クランプ依存性DnaA不活化機構におけるHdaの機能構造とヌクレオチド依存性
第28回日本分子生物学会年会、ワークショップ「タンパク質構造から展開するDNA複製システムのダイナミクス」(世話人:石野良純、片山 勉)、福岡、2005年12月7日〜10日

川上広宣、尾崎省吾、鈴木滋夫、中村賢太、千里内啓行、毛谷村賢司、末次正幸、藤光和之、片山 勉
DnaA結合性ATPの複製開始複合体形成における役割
第28回日本分子生物学会年会、ワークショップ「細胞機能のキープレイヤーAAA+タンパク質の世界」、福岡、2005年12月7日〜10日

2004年
著書
片山 勉、末次正幸、川上広宣
大腸菌ゲノムDNA複製系
「ゲノミクス・プロテオミクスの新展開ー生物情報の解析と応用ー」(今中忠行監修)エヌ・ティー・エス、57-64頁
総説
片山 勉
大腸菌染色体複製の開始とその制御に関わるAAA+スーパーファミリータンパク質
生化学, 76巻(11号), 1440-1443頁
原著論文
Su'etsugu, M., Takata, M., Kubota, T., Matsuda, Y. and Katayama, T. (2004)
Molecular mechanism of DNA replication-coupled inactivation of the initiator protein in Escherichia coli: Interaction of DnaA with the sliding clamp-loaded DNA and the sliding clamp-Hda complex
Genes Cells 9 (6), 509-522

Fujimitsu, K. and Katayama, T. (2004)
Reactivation of DnaA by DNA sequence-specific nucleotide exchange in vitro
Biochem. Biophys. Res. Commun. 322(2), 411-419

Ishida, T., Akimitsu, N., Kashioka, T., Hatano, M. (equal contributors), Kubota, T., Ogata, Y., Sekimizu, K., and Katayama, T. (2004)
DiaA, a novel DnaA-binding protein, ensures the initiation timing of E. coli chromosome replication
J. Biol. Chem. 279(44), 45546-45555

Shimuta, T., Nakano, K. (equal contributors), Yamaguchi, Y., Ozaki, S., Fujimitsu, K., Matsunaga, C., Noguchi, K., Emoto, A., and Katayama, T. (2004)
Novel heat-shock protein HspQ stimulates the degradation of mutant DnaA protein in Escherichia coli
Genes Cells 9, 1151-1166

主要学会発表
Katayama, T.
DNA replication-dependent feedback against DnaA initiator activity
Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology "Bacterial Chromosomes", 2004年2月7〜14日 米国 New Mexico州 Santa Fe(招待講演)

Katayama, T.
DnaA protein in Escherichia coli: Regulation and functional structure for initiation of chromosomal DNA replication.
The 1st Asian Symposium for Pharmaceutical Sciences, Fukuoka, Japan, January 30-31, 2004, pp72-77 (Oral presentation)

藤光和之、片山 勉
特異的DNA配列による染色体複製開始蛋白質DnaAの活性化
21世紀大腸菌研究会「蛋白質と遺伝子の細胞内動態の共役:モデル生物大腸菌を用いた統合の試み」、2004年6月1-2日、沼津  pp3(口頭発表)

末次正幸、紫牟田 透、片山 勉
Hda-スライディングクランプ複合体によるDnaA活性制御機構の解析
第17回DNA複製・分配ワークショップ、2004年7月12-14日、仙台  pp3(口頭発表)

川上広宣、片山 勉
大腸菌複製開始蛋白DnaAにおけるAAA+アルギニンフィンガーモチーフの役割
第77回日本生化学会大会ワークショップ、横浜、2004年10月13-16日(口頭発表)

2003年
総説
片山 勉
細菌染色体の複製制御機構
薬学研究の進歩, 19巻, 19-28頁(薬学研究奨励財団)
原著論文

Su'etsugu, M., Emoto, A., Fujimitsu, K., Keyamura, K., and Katayama, T. (2003)
Transcriptional control for initiation of chromosomal replication in Escherichia coli: fluctuation of the level of origin transcription ensures timely initiation
Genes Cells 8 (9), 731-745.

Fujikawa, N., Kurumizaka, H., Nureki, O. (equal contributors), Terada, T., Shirouzu, M., Katayama, T., and Yokoyama, S. (2003)
Structural basis of replication origin recongnition by the DnaA protein
Nucleic Acids Res. 31(8), 2077-2086 .

Yoshida, Y., Obita, T., Kokusho, Y., Ohmura, T., Katayama, T., Ueda, T., and Imoto, T. (2003)
Identification of the region of Escherichia coli DnaA protein required for specific recognition of the DnaA box
Cell. Mol. Life Sci. 60(9), 1998-2008.

Higuchi, K., Katayama, T., Iwai, S., Hidaka, M., Horiuchi, T., and Maki, H. (2003)
Fate of DNA replication fork encountering a single DNA lesion during oriC plasmid DNA replication in vitro
Genes Cells 8 (5), 437-449.

主要学会発表
Katayama, T., Su'etsugu, M., Kawakami, H., Shimuta, T., Suzuki, S., Ishida, T., Wakatsuki, T., and Fujimitsu, K.
Regulatory inactivation of the E. coli DnaA initiator: Molecular mechanisms in interactions of DnaA, Hda, and the replicase sliding clamp
EMBO Workshop On Replicon Theory, Villefranche-sur-mer (France), Jan 18-22, 2003 (口頭発表)

Tsutomu Katayama, Masayuki Su'etsugu, Toh-ru Shimuta, Hironori Kawakami, Shige-o Suzuki, Takuma Ishida, Kenji Keyamura, and Kazuyuki Fujimitsu,
Regulatory Inactivation of The Initiator Protein in E. coli: Roles of The AAA+ Motifs of DnaA and Hda Proteins,
5th International Conference on AAA Proteins, Warrenton, VA (USA), June 15-19, 2003, (p.A-19), Oral session

末次正幸、江本晶子、藤光和之、毛谷村賢司、片山 勉、
大腸菌染色体の複製開始制御:複製起点を通過する転写の役割、
日本遺伝学会第75回大会、仙台、2003年9月24日〜26日、(p.23)、ワークショップ

川上広宣、末次正幸、片山 勉、
DnaAの制御的不活性化(RIDA):構成因子Hda・pol IIIクランプ複合体の精製ならびに性状解析、
日本遺伝学会第75回大会、仙台、2003年9月24日〜26日、(p.103)、一般講演(Best Paper賞

Tsutomu Katayama, Masayuki Su'etsugu, Kazuyuki Fujimitsu, Hironori Kawakami, Toh-ru Shimuta, Kenji Keyamura, Takuma Ishida,
Regulatory elements for oriC and DnaA protein in initiation of chromosomal replication,
International Workshop for Escherichia coli Towards New Biology in the 21st Century, Awaji (Japan), Oct. 15-17, 2003, (p. 46), Oral presentation

Tsutomu Katayama, Masayuki Su'etsugu, Hironori Kawakami, Kenji Keyamura, Toh-ru Shimuta, Takuma Ishida and Kazuyuki Fujimitsu,
Replication cycle-coordinated regulations for DnaA initiator and oriC replicator in Escherichia coli,
The 4th International symposium on DNA Replication, Recombination and Repair, Awaji (Japan), Nov. 9-13, 2003, (p.32), Oral session

Tsutomu Katayama, Masayuki Su'etsugu, Hironori Kawakami, Kazuyuki Fujimitsu, Kenji Keyamura, Takuma Ishida, Toh-ru Shimuta,
Multiple regulations for the initiator and the replicator in E. coli chromosome
第26回日本分子生物学会年会、2003年12月10日〜13日、(p.22)、シンポジウム

2002年
著書
片山 勉
細胞周期におけるDNA複製の制御:原核生物における複製制御
「ゲノムの複製と分配」(松影昭夫・正井久雄編)シュプリンガーフェアラーク東京
原著論文
Nishida, S., Fujimitsu, K., Sekimizu, K., Ohmura, T., Ueda, T., and Katayama, T. (2002)
A nucleotide switch in E. coli DnaA protein initiates chromosomal replication: Evidence from a mutant DnaA protein defective in regulatory ATP hydrolysis in vitro and in vivo
J. Biol. Chem. 277 (17), 14986-14995.

Onogi, T., Ohsumi, K., Katayama, T., and Hiraga, S. (2002)
Replication-dependent recruitment of the beta-subunit of DNA polymerase III from cytsolic spaces to replication forks in Escherichia coli
J. Bacteriol. 184 (3), 867-870.

Obita, T., Iwura, T., Su'etsugu, M., Yoshida, Y., Tanaka, Y., Katayama, T., Ueda, T., and Imoto, T. (2002)
Determination of the secondary structure in solution of the Escherichia coli DnaA DNA-binding domain
Biochem. Biophys. Res. Commun. 299 (1), 42-48

主要学会発表
Katayama, T., Su'etsugu, S., Fujimitsu, K., Kawakami, H., and Kato, J.
The sliding clamp-dependent feedback regulation of DnaA function in the E. coli chromosomal replication cycle,
Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology "DNA Replication and Recombination", 2002年1月7〜14日 米国ユタ州スノーバード(口頭+ポスター発表)
(参考) [Meeting Review] Replication, Recombination and Repair: Going for the Gold,
Molecular Cell (2002) 9, 471-480

末次正幸、片山 勉
スライディングクランプとHdaによるDnaAの機能制御メカニズム
第16回DNA複製・分配ワークショップ、沼津、7月15〜17日

片山 勉、末次正幸、藤光和之、川上広宣、紫牟田透、鈴木滋夫、石田琢磨、若月智未
大腸菌DnaAタンパク質と直接相互作用する制御因子の機能解析
第25回日本分子生物学会ワークショップ「バクテリアの分子生物学:新たな挑戦」、横浜、12月11〜14日

2001年
総説
Katayama, T. (2001)
Feedback controls restrain the initiation of Escherichia coli chromosomal replication.
Mol. Microbiol. 41(1), 9-18.
原著論文
Kato, J. and Katayama, T. (2001)
Hda, a novel DnaA-related protein, regulates the replication cycle in Escherichia coli.
EMBO J. 20 (15), 4253-4262.

Su'etsugu, M., Kawakami, H. (equal contributors), Kurokawa, K., Kubota, T., Takata, M., and Katayama, T. (2001)
DNA replication-coupled inactivation of DnaA protein in vitro: a role for DnaA arginine-334 of the AAA+ Box VIII motif in ATP hydrolysis.
Mol. Microbiol. 40 (2), 376-386.

Katayama, T., Fujimitsu, K., and Ogawa, T. (2001)
Multiple pathways regulating DnaA function in Escherichia coli: Distinct roles for DnaA titration by the datA locus and the regulatory inactivation of DnaA.
Biochimie 83 (1), 13-17 (An invited paper for a special volume)

Kawakami, H., Iwura, T., Takata, M., Sekimizu, K., Hiraga, S., and Katayama, T. (2001)
Arrest of cell division and nucleoid partition by genetic alterations in the sliding clamp of the replicase and DnaA protein.
Mol. Gen. Genomics 266, 167-179.

Kubota, T., Ito, Y., Sekimizu, K., Tagaya, M., and Katayama, T. (2001)
DnaA protein Lys-415 is close to the ATP-binding site: ATP-pyridoxal affinity labeling
Biochem. Biophys. Res. Commun. 288 (5), 1141-1148 .

主要学会発表
Tsutomu Katayama, Makoto Takata, Hironori Kawakami, Masayuki Su'etsugu, Kazuyuki Fujimitsu, and Jun-ichi Kato,
Regulation of the replication initiator activity in E. coli: molecular mechanisms in accelerated hydrolysis of DnaA-bound ATP,
The Fourth International Meeting on AAA Proteins: Cellular Functions of AAA Proteins in Search of Common Molecular Basis, March 13-16, Kyoto , Japan(2001)(口頭発表)

Tsutomu Katayama, Hironori Kawakami, Masayuki Su'etsugu, Kazuyuki Fujimitsu, Satoshi Nishida, Makoto Takata, and Jun-ichi Kato,
Regulatory inactivation of the DnaA initiation in Escherichia coli: the sliding clamp-dependent hydrolysis of DnaA-bound ATP,
The 3rd Fujihara International Seminar "Bacterial Cell Cycle 2001", Sept. 18-20, Osaka, Japan (2001)(口頭発表)

片山 勉, 末次正幸, 藤光和之, 川上広宣,
バクテリアDNAの複製開始機構とその制御系,
第74回日本生化学会シンポジウム、京都、10月27日

片山 勉、末次正幸、西田 智、藤光和之、川上広宣、野口賢治、大村忠広、植田 正、加藤潤一
大腸菌の染色体複製装置による、複製開始フィードバック制御の分子構造
第24回日本分子生物学会ワークショップ、横浜、12月

2000年
原著論文
Takata, M., Guo, L., Katayama, T., Hase, M., Seyama, Y., Miki, T., and Sekimizu, K. (2000)
Mutant DnaA proteins defective in opening of oriC, the origin of chromosomal DNA replication in Escherichia coli.
Mol. Microbiol. 35 (2), 454-462
主要学会発表
Makoto Takata, Hironori Kawakami, Masayuki, Su'etsugu, Kazuyuki Fujimitsu, Tohru Ogawa, and Tsutomu Katayama,
Regulatory inactivation of DnaA protein; role and molecular mechanisms in accelerated hydrolysis of DnaA-bound ATP,
EMBO Workshop on "Cell Cycle and Nucleoid Organization in Bacteria" (2000年9月2-6日 Texel, The Netherlands) Abstract p S-27(口頭発表)

片山 勉、高田 誠、末次正幸、藤光和之、川上広宣、加藤潤一,
1回性複製におけるDnaAの制御的不活性化の役割と分子機構,
第23回日本分子生物学会ワークショップ「微生物細胞分裂における染色体integrity保持機構, (2000年12月13-16日 神戸国際展示場、神戸国際会議場、神戸ポートピアホテル)

1999年
総説
Tsutomu Katayama and Kazuhisa Sekimizu,
Inactivation of Escherichia coli DnaA protein by DNA polymerase III, and negative regulations for initiation of chromosomal replication,
Biochimie 81 (8), 835-840 (1999) (An invited review for a special issue).

片山 勉,
DNAポリメラーゼの新機能:染色体複製開始の負の制御,
蛋白質核酸酵素, 44巻、7号、845-853頁(6月号)(1999)

片山 勉,
染色体DNA複製の制御,
九州大学研究紹介, 16巻、33-34頁(1999)

原著論文
Kenji Kurokawa, Satoshi Nishida, Akiko Emoto, Kazuhisa Sekimizu, and Tsutomu Katayama,
Replication cycle-coordinated change of the adenine nucleotide-bound forms of DnaA protein in Escherichia coli,
EMBO J. 18 (23), 6642-6652 (1999).

Lei Guo, Tsutomu Katayama, Yousuke Seyama, Kazuhisa Sekimizu, and Takeyoshi Miki ,
Isolation and characterization of novel cold-sensitive dnaA mutants of Escherichia coli,
FEMS Microbiol. Lett. 176, 357-366 (1999).

主要学会発表
Tsutomu Katayama, Toshio Kubota, Kenji Kurokawa, Satoshi Nishida, Makoto Takata,, Akiko Emoto, Hironoti Kawakami, and Kazuhisa Sekimizu,
Regulatory inactivation of DnaA protein depends on loading of Pol III in vitro, and is coupled with DNA replication in vivo,
Workshop on the Bacterial Cell Cycle 1999, Abondance, France, March 1999. Abstract p14.(口頭発表)

Tsutomu Katayama,
Regulation of the replication cycle of the Escherichia coli chromosome,
The 1st International Genecell Workshop, Keihanna Science City, August 1999. Abstract p33.(口頭発表)

片山 勉,
大腸菌の染色体複製を制御する機構系とその遺伝子,
微生物ゲノムワークショップ (名古屋, 1999年11月) 講演要旨集 p18.

片山 勉, 高田 誠, 関水和久, 加藤潤一,
DnaA蛋白質の制御的不活性化(RIDA)のin vitro 再構成,
日本分子生物学会第22会年会ワークショップ (福岡, 1999年12月) 講演要旨集 p242.

Tsutomu Katayama, Kenji Kurokawa, Satoshi Nishida, Toshio Kubota, Makoto Takata, Akiko Emoto, Hironori Kawakami, and Kazuhisa Sekimizu,
The initiator function of E. coli DnaA protein is inactivated by DNA polymerase III that is acting for DNA synthesis in vivo,
Keystome symposia on Molecular and Cellular Biology, New Mexico, USA, February 1999. Abstract p71.

Toshio Kubota, Tsutomu Katayama, and Kazuhisa Sekimizu,
Mechanism of the negative regulation of DNA replication initiation by interaction of DnaA protein and replisome,
Workshop on the Bacterial Cell Cycle 1999, Abondance, France, March 1999. Abstract p16.

Makoto Takata, Tsutomu Katayama, and Kazuhisa Sekimizu,
CedA; a novel factor to neutralize division inhibition caused by chrosomoal overreplication,
Workshop on the Bacterial Cell Cycle 1999, Abondance, France, March 1999. Abstract p26.

Tsutomu Katayama, Makoto Takata, Mazakazu Hatano, Hironori Kawakami, Masayuki Suetsugu, Kazuyuki Fujimitsu and Kazuhisa Sekimizu,
Regulatory inactivation of DnaA protein (RIDA); Molecular mechanism and significance in control for the replication cycle,
第2回3Rシンポジウム (神戸, 1999年10月) 講演要旨集p19.(口頭発表)

1998年
原著論文
T. Katayama, T. Kubota, K. Kurokawa, E. Crooke, K. Sekimizu,
The initiator function of DnaA protein is negatively regulated by the sliding clamp of the E. coli chromosomal replicase,
Cell 94 (1), 61-71 (1998)

K. Kurokawa, T. Mizushima, T. Kubota, T. Tsuchiya, T. Katayama, K. Sekimizu,
A stimulation factor for hydrolysis of ATP bound to DnaA protein, the initiator of chromosomal DNA replication in Escherichia coli,
Biochem. Biophys. Res. Commun. 243 (1), 90-95 (1998)

T. Mizushima, T. Takaki, T. Kubota, T. Tsuchiya, T. Miki, T. Katayama, K. Sekimizu,
Site-directed mutational analysis for the ATP binding of DnaA protein: functions of two conserved amino acids (Lys-178 and Asp-235) located in the ATP-binding domain of DnaA protein in vitro and in vivo,
J. Biol. Chem. 273 (33), 20847-20851 (1998)

主要学会発表
片山 勉, 窪田敏夫, 黒川健児, 西田 智, 高田 誠, 関水和久,
複製開始因子とDNAポリメラーゼのクロストークによる大腸菌染色体の複製開始の制御機構,
日本生化学会第71回年会シンポジウム(名古屋, 1998年10月), 生化学, 70(8), p. 679 (1998)

片山 勉,
染色体DNA複製サイクルの負の制御,
第4回文部省科学研究費特定領域研究(A)公開シンポジウム「分子細胞生物学の新しい流れ」(東京, 1998年11月)

片山 勉, 黒川健児, 西田 智, 窪田敏夫, 高田 誠, 江本晶子, 関水和久,
複製開始タンパク質DnaAのヌクレオチド変換サイクル,
日本分子生物学会第21回年会ワークショップ(横浜, 1998年12月), 講演要旨集 p.205.

窪田敏夫, 片山 勉, 関水和久,
DNAポリメラーゼ・スライディングクランプ形成による複製開始蛋白質DnaAの不活性化の分子機構,
日本生化学会第71回年会ワークショップ(名古屋, 1998年10月), 生化学, 70(8), p. 724 (1998)

T. Katayama, K. Kubota, K. Kurokawa, M.Takata, T. Mizushima, E. Crooke, K. Sekimizu,
Negative regulation of DnaA protein activity for the control of replicational initiation at oriC: identification and characterization of a novel modulator for initiation,
Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology "Bacterial Chromosomes" (Santa Fe, USA; Feb., 1998), Abstracts p38.

戻る